ALWAYS 続・三丁目の夕日

二作目でも感動は廃れませんでした。むしろ増加してます。

 

りかちゃんが六ちゃんのつくってくれたおにぎりを食べるシーンは泣きました。あんな小さい頃に親と離れて生活ってものすごく辛いですよね。あの時代って、人の子を預かるようなことって結構あったのでしょうか。ご近所づきあいってやつが濃く根付いていたのでしょうか。淳之介くんを茶川さんの執筆中に預かる場面もそうですが、なんか、りかちゃんははとこにしても、今ではあまり考えられないなってふと思いました。みんな家族みたいですね。

 

前作でせっかく仲良くなった茶川家ですが、本当の淳之介の父親が現れます。この父親、何度も連れ出そうと心無いことしますけど、結局猶予くれまくりますよね。結果として結構聞き分けいいです。

 

そして今作も茶川さんいいとこ取りでした。ひろみさんを小説の力で連れ戻すくだりほんとに大好きです。その時ゴールデン座の嫌味ったらしかった先輩がひろみさんが買うのを躊躇した茶川さんの小説を渡してくれますよね。最後には改心するたけおといい、この映画には悪い人がいないですねほんと。新幹線でひろみが小説を読むシーンで茶川さんの音読がかぶさりますが、とても良い声ですよね。感動がとまりません。

 

また本作では同窓会や過去の恋人との再会のシーンが印象的でした。社長さんが旧友と飲んでるシーン、酔っ払って目覚めて一人だったと気づく場面はなんとも言えませんでした。幸せに生きて良いんだ、生きてくれって彼からのメッセージが伝わります。お母さんの恋人との再会も素敵で切なかったです。もしも戦争がなかったらって。もしもって、ほんとに不毛です。それでも前に進む登場人物が愛しくなりました。